メディケア®トップページ > 商品情報 > オノフェF

オノフェF

第2類医薬品

 化膿性皮膚疾患用薬

7g 968円(税込)

3つの有効成分が、とびひや、化膿した
じゅくじゅく皮膚炎・毛のう炎による発疹に効く。
非ステロイドのしみない軟膏。

販売名 オノフェF
効能・効果 : 化膿性皮膚疾患(とびひ・めんちょう・毛のう炎)
用法・用量 : 1日数回適量を患部に塗布するか、又はガーゼ等に延ばして貼ってください。
成分・はたらき
成分 含量(100g中) はたらき
スルファジアジン 5.0g 殺菌作用により、患部の化膿を防ぎます。
酸化亜鉛 5.0g 患部の炎症をおさえ、痛みをしずめます。
アラントイン 0.5g 肉芽形成作用により、新しい組織の生成を促進させます。
添加物としてd-ボルネオール、マクロゴール、ラノリン、ワセリンを含有します。

とびひの基礎知識

とびひのQ&A

オノフェFの特長

直近一年の間に口の中にできた病気

3つの有効成分が、とびひ、化膿性皮膚炎に効く
「スルファジアジン」「酸化亜鉛」「アラントイン」の
3つの有効成分が、とびひ・化膿したじゅくじゅく皮膚炎に
しっかり効きます。
非ステロイドでお子様に配慮した処方
非ステロイドのしみない軟膏タイプで、
小さいお子様にもご使用いただけます。

オノフェFの質問

Q.1

何歳からオノフェFを使えるのでしょうか?

A.1

安全性を考慮して1歳以上が目安になりますが、お子様がご使用の場合には、保護者の監督のもとに使用するようにしてください。

Q.2

1日何回、どれくらい塗ったらいいの?

A.2

1日2~3回程度。入浴後等を考慮して4~5回塗っても問題ありません。
患部より少し広い範囲にすりこまないように塗って下さい。

Q.3

薬を塗った後は、どうしたらいいですか?

A.3

患部に触れたり、かきむしらないように絆創膏などのパッドやガーゼ、包帯などで患部を覆いましょう。
パッドやガーゼで覆うことで患部が露出していなければ、他人にうつすことも少なくなります。

Q.4

とびひや化膿した皮膚炎以外にも効能・効果はありますか?

A.4

効能・効果はあります。
例えばおしり等に出来る毛のう炎による発疹にも効果があります。

おしりに出来る白や赤いブツブツに!
長時間座るとおしりがイタイ

こちらの商品は、全国のドラッグストア・通信販売でお買い求めいただけます。